HOME > 介護の悩み > 認知が進み身体を触りたいだけの本能しかない状態だった事でした

認知が進み身体を触りたいだけの本能しかない状態だった事でした


お舅さんの介護をした八ヶ月。

短い間でしたが一番嫌だった事は認知が進み身体を触りたいだけの本能しかない状態だった事でした。解らない状態だとはいえ食べている間も側にいなければならない状態でその時の私を見る目に寒気を覚えた事が何度もありました。

ヘルパーをしてる友達にはなしたら割り切らなきゃいけないこと。相手は解らないんだから。と言われて涙した事も亡くなって数年経った今もし自分や主人があんな風になったらと考える余裕が出て来ました。

人間って何だろうと思うことがあります。仕事と割り切れる立場とやはりお舅さんとは違うこと。介護される方が悩まれる事があったら割り切ってヘルパーさんをお願いすることだと思います。

女性/北陸地方